公的資格試験

民法債権法務士認定試験

民法大改正!企業や団体の実務担当者の実践的な民法知識を認定。

会社法務士認定試験

会社法は企業法務を行う上では必須。会社法のプロフェッショナルを認定します。

働き方マスター試験

【働き方検定】働き方マスター試験は、時代が確実に動いている中で、新しい労働のあり方、働き方改革を理解するための検定試験です。

ワークスタイルコーディネーター認定試験

【働き方検定】ワークスタイルコーディネーター認定試験では、働き方改革の方向性を理解し、時代に合った会社のあり方を学びます。

労働法務士認定試験

【働き方検定】労働法務士認定試験では、「現行法を中心」に、「専門性の高いもの」も含めて、全ての労働法分野について扱います。

ストレスチェック検定

【働き方検定】ストレスチェックとは何か?社員の健康を考えられるエキスパートを認定。

インバウンド実務主任者認定試験

インバウンド・インバウンドビジネスをリードするインバウンド実務主任者認定試験では、インバウンドに関する様々な知識を持ち、インバウンドビジネスを展開する力を認定します。

マイナンバー実務検定

マイナンバー制度を良く理解し、保護して、適正な取り扱いをするための検定試験。

情報セキュリティ初級認定試験

生活に役立つ「セキュリティの知識」が身につく、実践的な検定。

企業情報管理士認定試験

企業が必要とする『企業情報の保護』を正しく行える人材を育てる。

個人情報保護士認定試験

今あらゆる企業や団体が待ち望んでいるエキスパート「個人情報保護士」。必要かつ十分な体系的知識、そして管理・運営能力を証明します。

個人情報保護実務検定

「個人情報保護実務検定」は、個人情報保護法施行の背景や関連法規の体系的知識と、個人情報保護法の各条文を正しく理解し、企業・団体内で保有する個人情報を、取り扱いルールに従って、有効資産として活用できる実務上の知識能力を認定します。

情報セキュリティ管理士認定試験

今日の高度情報社会において、安心してコンピュータを利用、活用できるセキュリティ管理能力は、企業をはじめとして、すべての団体で必ず求められる能力のひとつと言えます。情報セキュリティ管理士認定試験は情報セキュティの管理に関する総合的な知識を有することを認定するものです。

財団法人 全日本情報学習振興協会検定試験(8 種)

パソコン検定 文書試験、パソコン技能検定U種試験、パソコン技能検定ビジネス実務試験、パソコン基礎検定試験、福祉情報技術コーディネーター認定試験、パソコン検定 タイピング試験、パソコン速記検定試験、パソコンインストラクター資格認定試験の8種類があります。

文部科学省認定 情報処理活用能力検定(J検)

情報利活用の能力を客観的に評価する検定試験です。

日本語文書処理(日商文書)技能検定試験

企業の最前線を支援する重要な役割を担っているといえる試験であり、事務と文書処理の生産性向上を目指し、O A時代の新しい産業人を育成・支援するための資格制度です。

日商マスター

企業の最前線を支援する重要な役割を担っている日商マスターは、IT機器操作のプロの指導者を育成するための資格認定制度です。

ビジネスコンピューティング検定試験

専門技術者を養成するものではなく、社会人などのエンドユーザを対象に、パソコンやソフトウェアを使いこなせるかを判定する実技中心の試験です。

キータッチ2000テスト、ビジネスキーボード認定(キーボード操作技能認定試験)

いかに早くいかに正確にタイピングできるかを判定する試験です。

画像情報技能検定(CGエンジニア検定【CG部門・画像処理部門】、CGクリエイター検定【ディジタル映像部門・Webデザイン部門】)

3級から1級までのレベルが設けられており、それぞれの領域で必要となる基礎知識から、専門性の高い知識や機能までの修得度が評価される試験です。

ディジタル技術検定試験

情報処理ならびに制御に関する技能を、ディジタル技術という観点からまとめて評価する試験です。

CADトレース技能審査

CADトレースを行う人々の能力を評価し、技能向上及び社会的・経済的地位の向上を図るため、中央職業能力開発協会が厚生労働省の認定を受け、各都道府県職業能力開発協会の協力を得て実施する試験です。

土地活用プランナー認定試験